• あいわ鍼灸接骨院山梨院

正しいマスクのつけ方

現在新型コロナウイルスの影響で、マスク不足が深刻な問題になっています。


もしマスクがあったとしても正しいつけ方が出来ていないとその効果を損なって


しまいます。


せっかくの貴重なマスク。その効果を最大限に活かせるよう正しいつけ方について


ご紹介させていただきたいと思います(^^)



☆マスクの裏表

マスクには裏表があるのは皆様存知かもしれませんが、実は間違ってつけていらっしゃる


方がとても多いんです。マスクによっては印がついていたり、説明書に書いてあったり


しますが、読まずに捨ててしまったり書いてない場合もあります。


マスクの上下はワイヤーが入っていたり区別しやすいのですが裏表は一見分かりにくいです。


ゴムひもの接着面が内側と思われる方も多いかもしれませんが


メーカーによってあえて痛くならないように接着面を外側につけている


場合もあり、実はゴムひもの位置でマスクの裏表は分かりません。


分からない場合はプリーツの向きで判断出来ます(^^)/


プリーツのひだが下向き➡外側


プリーツのひだが上向き➡顔側


間違えるとひだにウィルスが溜まってしまいせっかくの効果が損なわれてしまうので


注意しましょう!


☆正しいつけ方

1、鼻を固定させる部分を折ります


2、マスクを鼻につけ両側から抑えてフィットさせます


3、ひもを耳にかけて、マスクの下側をあごの下までしっかり入るように伸ばします



☆間違った使い方

✖鼻やあごを出さない


✖マスクをあごにかけない

(ずらした時表面に付着したウィルスが手につきそこから口や鼻に移ってしまいます)

(ずらしたマスクをまた使用するとあごに付着したウィルスがマスクの内側についてしまいます)


☆マスクの外し方

マスクの耳にかけるひもを持ちながら、マスクに触らないように捨てましょう。










25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示