• あいわ鍼灸接骨院山梨院

感染症の種類や対策

夏も怖い感染症。手足口病は警報レベルにまで感染が広がっています。今日は感染症の種類やその対策法についてご紹介させていただきます。


飛沫感染

・インフルエンザ

・風疹

・ヘルパンギーナ

・手足口病

・咽頭結膜熱

などがあります。


接触感染

・風疹

・咽頭結膜熱

・インフルエンザ

・手足口病

・ヘルパンギーナ

・感染性胃腸炎(ノロウイルス、ロタウイルス)

などがあります。


感染経路の種類


・飛沫感染

咳、くしゃみ等 口からまき散らされる飛沫粒子を吸い込む事により感染する

☆インフルエンザ、RSウイルス、結核等☆


・空気感染

微小粒子を吸い込む事で感染する

☆はしか、水痘、ノロウイルス、結核☆


・接触感染

手、指、食品、器具などを介して感染する

☆ノロウイルス、ロタウイルス、手足口病、腸管出血性大腸菌☆


飛沫感染予防には咳エチケットが大切ですが、マスクを着用していても鼻の部分に隙間があったりあごの部分が出てしまっていると効果がありません。

うがいをする事が効果的です。


接触感染予防には手洗いが大切です。


指先や爪の間

指の周り

手のしわ

手首

しっかり洗ったつもりでも汚れが残りやすいので場所なので注意が必要です。


うがい、手洗いをこまめにする習慣をつけて感染症を予防しましょう(^^)/



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示